ビリギャル坪田先生に学ぶ常識を疑うことの大切さ

こんばんは、久次米です。


実は11月25日に「関西教育フォーラム」
という講演会に行ってきました。


京都大学で、

「学校×塾×家庭で対話する
 ”その子らしさ”を引き出す
 新時代の教育」

というテーマで行われたものです。




特に後半戦ですごい中身の濃い話になって
学びや気づきがたくさんあったのですが、

その中で1つビリギャルの先生でもある
坪田先生がおっしゃっていたことを
少しお話ししようと思います。





最初に坪田先生はこんな質問をされました。



「よく、挨拶を元気よくしよう、
 と言いますが、

 挨拶が大きくできる人
 挨拶が普通の声でできる人
 挨拶が小さな声でしかできない人
 
 それぞれが将来どんな風になって
 挨拶によってどんな効果が出て
 どんなメリットがあって、という
 科学的な根拠を持って挨拶教育を
 しているかたはいらっしゃいますか?」


その質問にもちろん手を挙げた人はいません。




そこで坪田先生が言いたかったことは

「あなたのしているその指導は
 根拠があってやってますか?

 それとも今までやっていたから
 という過去の常識の流れで
 しているのですか?」

ということなんですね。





これを聞いた時、高校での髪型のルールの
ことを思い出しました。


==================

僕が教育実習に行ったときに、

「ツーブロックをしている生徒は
 許してはいけません。

 それがエスカレートしてモヒカンに
 なったり、髪型が緩くなる恐れがあるからです」


というはっきりいってわけのわからない
理屈を並べてツーブロックを批判していました。



でも、よく見てください。


社会人でツーブロックの人が
どれだけいることか。




むしろ、ツーブロックで印象が
よくなった人もいるはずです。




じゃあ、ここにツーブロックをすると、

髪型が緩くなる、というエビデンスはあるのか?

実際に調査して出てきた答えなのか?

それとも憶測で話をしているのか?

という話になってきます。


==================


僕はとてつもない違和感と
嫌悪感を抱いたのを覚えています。


こんなことを思い出しましたが、
坪田先生のいうように本当に自分が
していることは意味があるのか?


根拠を持って言えるのか?



それを自分で自分に問うてみる。




それが新しい時代へと進む
鍵なんだと思います。





まずは疑ってみる。




自分が当たり前だと思っていたことについて
深く向き合ってみる。





その姿勢の重要性を坪田先生から
教えてもらいました。



関連記事はこちら
個別塾講師の生徒との信頼関係を作る7つの黄金ルール!
大学生講師必見!個別指導に必要な7つのマインドセット



最後に、このブログや講師体験をまとめた電子書籍を発売しています。興味のある方は立ち寄ってみてください。素敵な講師の方がどんどん増えていきますように。

「個別塾講師の学ぶ心に火をつける39のプラチナルール」



■教育メルマガ
自身の経験を元にした教育メルマガを発行中。
 (10秒で登録できます)
教育、自己教育に関して、無料メルマガを発行しています!「マンガ ワンピース」「お笑い芸人 さんまさん」「日本の神話」「塾での経験」「少年野球での実例」「日本の偉人 吉田松陰」「人間関係の法則」「ラテン語」などいろんな題材から教育について切り込んでいます。どうぞ、立ち寄ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です