「チームのために仕切る」という一言が嘘と分かる瞬間

【この物語はフィクションです】


もうすぐ新しい1年が始まろうとしている。

年末は忘年会で忙しい。今日もサークルの忘年会で飲んでいた。

開始して1時間した頃に1人の後輩が声をかけてくる。


「ゆうきさん、久しぶりですね!」


彼は同じサークルの2回生の後輩だが、最近顔を見ていなかった。会うのは確か、6ヶ月ぶりか。


「久しぶりやな、元気にしてたか?」


「まあ〜、ぼちぼちですね。」


「そっか。」


「そろそろ新歓の時期ですね。なんというか、今の1回生が主体になるんですよね〜」


「何か言いたげやな。」


「いや、別に。ただ、僕たちの代よりもちゃんとしたリーダーがいいなと。」


「そうか?今のやつもしっかりしていると思うけどな。」


「まあ、どうだか、、、」


さっきからまだ何かを言いたげな感じだった。だいたい言いたいことはわかる。

おそらく、、、


「僕がリーダーだったらもっとよかったと思うんです。」


「ほう。」


やっぱりそうきた。こいつがリーダーになりたがっていたのは前から知っていた。

結局違うやつがすることになってしまったが。


「だから、下の代のみんなにはちゃんとしたリーダーを決めて欲しいなと。」


「じゃあ、聞くけど、、、なんでずっとサークルに来てなかったん?」


「それは、行っても意味ないからですよ。」


「意味ない?」


「はい、だって他の人たちがやればいいし、リーダーも僕じゃないし、別にみんなに求められていませんよ。」


そういってガブガブとビールを飲む。まだ不満を持ったままだな、こいつは。


「だからや。」


「えっ?」


「だから、リーダーに選ばれなかったんや。」


「だから?いや、言っている意味がわからないんですけど、、、」


「結局お前は、みんなに必要とされたいからリーダーになりたかったんやろ?」


「違いますよ!言ったじゃないですか、僕がなった方がうまくいきそうだからって。」


「いや違うな。だったら今でも一生懸命サークルのためにやってる筈やん。

リーダーになろうが、ならまいが、自分ができることをきちんとしているはず。

でも、あれだけ1回生の時に活発にしていたお前が、リーダーが他のやつに

決まった途端、やる気がなくなって、参加しなくなるってことは、

お前はチームのためじゃなくて、自分のためにやりたかったってことじゃないん??」


少し声を荒げてしまった。幸いにも飲み会で暴れている数人のおかげで声はかき消された。


「チームのため、って本当に思っているんなら、どんな役職についても、

いや、たとえつかなかったとしても、自分ができることをやれたんちゃうかな?

お前はみんなに必要とされたいからリーダーになりたかった。

そして、その下心はどこかでみんなに伝わる。

だからリーダーに選べれなかったんやと思うけど、、、」


相手はさっきから黙ったままだ。図星だったのだろう。


「はい、、、そうかもしれないです、、、」


声が小さくてほとんど聞き取れない。


「まあ、別に自分を責める必要はないで。誰だってあることやし。

大事なのはその自分の心を知って、じゃあこれからどうするかってことちゃうかな。

絶対に今の自分と過去の自分を否定すんなよ。

それも大事な成長のプロセスなんやからさ。」


そういって持っていたビールを飲み干す。


「さ、飲み直そうぜ、せっかくの忘年会やのにしんみりしてたらもったいない。」


「そうですね、、」


「あの、すみマセーーーン。注文いいですか?」


そういって大好きなウイスキーを頼む。

少し強く言いすぎてしまったか。ケアをきちんとしてあげないと、、、

まあ「忘年」するくらい飲めばいい話なんだけどな、、、、笑



まだまだ忘年会は始まったばっかりだ。




drink-428319__180



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です