承認欲求を求めた先にあるものは、、、

【この物語はフィクションです】

人は誰しも認められたい、という欲求がある。
それは否定しない。俺は昔からそうだった。

子供の頃は親や先生に認められて、認められたいがために頑張った。
今だってそうだ。友達に認められたい、先輩に認められたい、後輩に認められたい、、、

「お前だって認められたいって気持ちあるやろ?」

「まあ、そうやな〜」

飲み会も終盤が差し掛かると、友人と愚痴の言い合いになるか、日々に溜まっていたものを吐き出す場となる。

「そりゃ誰だってそうやろ〜」

「みんなに認められたら気持ちいいしな〜」

みんな共感しながら話は進んでいく。

「先輩もありますよね??」

と隣に座っている先輩へとバトンを回す。答えをわかっていても聞きたいのだ。
先輩も結局は俺たちと一緒なんだってことをはっきりするために。

「ないよ。」

「またまた〜、そんな嘘をつかなくてもいいですよ〜」

「いや、一切ない。」

先輩の顔は真剣だった。期待していた答えと違ってみんな唖然としている。

「だって、これって人類普遍のものですよ。先輩だって親とか先生から認められた時、嬉しかったでしょ?」

「まあ、確かに小さい時はそうやったな。」

「じゃあ、そうじゃないですか。今も変わりませんよ。自分に嘘はつかないでください。」

この先輩はたまに謎な答えを出してくる時がある。みんなの期待を裏切るようなことを平気で言うからな〜。

「いや、確かに昔はあったけど、今は全くない。承認欲求を必要としているのは、自分のエネルギーが足りないからや。」

先輩の顔を見ると嘘をついているようには見えなかった。
本気の本気で言っているのか、この人は。

「どういうことですか、、、?」

友達の1人が尋ねる。
みんな興味深そうに視線を移す。

「小さい時は必要や。そもそもこの世にあるもので意味のないものなんてないのだから、すべて必要な要素ではある。

でも、それはいつか卒業しないといかん。そうでないとエネルギーを他の人から奪っていくことになる。」

まだみんなよく分からない、という顔をしている。俺だって意味がわからん。

「例えば、エネルギーがない奴は、リーダーになリたがる。

それはリーダーになることでみんなからすごい、というエネルギーを奪いたいからや。

他には、

人を馬鹿にする、
やたらと世話を焼きたがる、
恋愛依存症になる、
なんでもかんでも自分でしようとする、
したくもないボランティア活動をする、
教えたがる、
SNSで必要のない投稿をして、みんなから返事やお気に入りを得ようとする、
プレゼンで自分の知識をひけらかす、
親しくない先輩に敢えてタメ口で話す、、

いくらでもある。」

「じゃあ、リーダーになるなってことですか、、、?」

「いや、そうとは言ってへん。大事なのはその動機、意図。なんの目的でそれをしようとしているのか、

エネルギーを得たいがために世話を焼くのか
本当に世のためだと思ってボランティア活動をするのか

教えることで力を感じたい(エネルギーを奪いたい)と思っているからするのか
それとも、その人の成長を願って教えようとしているのか

すべてはその目的。」

ぼやっとしていたものが見えてきた気がする。
エネルギーがあれば承認欲求もいらないのか、、、

「先輩はエネルギーが満たされているから承認欲求はいらないってことですか。」

「まあ、そうやな。」

「じゃあ、どうやったらエネルギーをとれるんですか??」

それが一番聞きたいところ。こんな話を聞いてそれを聞かなかったら意味がない。

「それはやな、、、」

「すみません、お客様、飲み放題のお時間が終わりましたのでご退出お願いします。」

「じゃあ、出るか。」

そう言ってみんな店を出る。タイミングが悪すぎた。ここからが話の肝だというのに。

「お疲れ〜」

と言って先輩が帰ろうとする。いやいや、そこで終わられてはこまる。

「待ってくださいよ、話まだ終わってません!」

「いや、もう時間だし、電車も少ないし、まあ自分で考えな。」

そう言ってあっさりと行ってしまった。
どうやったらエネルギーをあげれるんだ、、、

■教育メルマガ
自身の経験を元にした教育メルマガを発行中。
 (10秒で登録できます)
教育、自己教育に関して、無料メルマガを発行しています!「マンガ ワンピース」「お笑い芸人 さんまさん」「日本の神話」「塾での経験」「少年野球での実例」「日本の偉人 吉田松陰」「人間関係の法則」「ラテン語」などいろんな題材から教育について切り込んでいます。どうぞ、立ち寄ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です