「ああ、自分はまだまだやな」って思ってしまった時に意識すべきこととは?

いろんな経験をしていけば、

挫折を味わってしまったり、
時には力の差を見せつけられて、

「俺って(私って)全然あかんやん!」

って思うことがある。

うん、思っていい。

僕もそんなことしょっちゅうある笑

でも、ここでしてはいけないこと
した方がいいことがあると思うんですよね。

してはいけないことは、自分を責めること。

「当たり前やん、そんなこと」

と思っているかもしれないけど、
気づいたら自分を傷つけていることがある。

・やっぱり私ってダメなんや
・結局俺には才能なんてないねん
・あいつらと住む世界が違うわ

そうやっていっている間は
自分を傷つけて、自分の可能性を閉ざして
成長を阻害してしまう。

じゃあ、すべきことは、っていうと

・その機会(出会い)に感謝して
・まだまだな自分を丸ごと受け入れて
・次につなげる努力をする

まだまだやわ、って思うってことは
まだまだやなってことを教えてくれる機会に恵まれたってこと。

まだまだやなって感じたってことは
まだまだやなって謙虚に、言い訳せずに自分と向き合えたってこと。

その機会に感謝して、まずは受け入れる。

そしてまだまだダメな自分でも、
それでもいいんだって受け入れてみる。

少しずつ少しずつ、
そうやって成長していく一歩を
大事にしていく。

自分で自分を傷つけないために。

■教育メルマガ
自身の経験を元にした教育メルマガを発行中。
 (10秒で登録できます)
教育、自己教育に関して、無料メルマガを発行しています!「マンガ ワンピース」「お笑い芸人 さんまさん」「日本の神話」「塾での経験」「少年野球での実例」「日本の偉人 吉田松陰」「人間関係の法則」「ラテン語」などいろんな題材から教育について切り込んでいます。どうぞ、立ち寄ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です