我愛羅の父(4代目風影)が最後に気づいたたった一つの大切なこと〜マンガ「ナルト」より〜

4代目風影

親として、上司として、先輩として、
コーチとして、監督として、

大切なことがあります。

たったそれだけで、そのたった一つのことで
人は変わるし、良くなっていくんです。

てことで、今回はナルトから我愛羅の話を。

我愛羅といえば、最初は怖い目をして
たまんなかったですね笑

怖いくせして、額に「愛」なって書かれて
あるから、なんやねん、このキャラ!
って思ってました笑

で、その我愛羅は苦しんでいたんですね。

何で苦しんでいたか?

マンガを読んでいる人にはわかると思いますが、
彼には特殊な能力があって、さらに「人柱力」
と呼ばれて、体内に化け物を封印されていました。

それが時には暴走して、誰からも見放されて
いたんですね。

母は既に死んでいて、父はその里のトップ、
4代目風影として君臨していました。

でも、暴走する我愛羅を見て、
「価値がない」と言って、愛想を尽かし、
幾度となく我愛羅の暗殺を企てました。

どれも失敗に終わったのですが、
我愛羅の心の中では深い傷が残ります。

そりゃ、そうですよ。

そんなことされて平気でいられるわけがない。

挙げ句の果てには
「お前は母親にも愛されていなかった」
ということを伝えられてしまう。
(本当はそれが嘘だったんですが。)

自分を愛してくれる人がいないまま、
我愛羅は人生を歩むことになります。

それから色々あって、
(ここは割愛します笑)

最後の方で、敵の「穢土転生の術」で死者を蘇らせる
術により、再開する我愛羅とその父、4代目風影。

風影は我愛羅の敵に操られているせいで、二人は
戦わなければなりません。

そこで、父が初めて息子が立派に育ち、
5代目風影として立派な忍びになったことを
知ります。

あれだけ失敗作だったのに、
あんなにも価値がなかったものなのに、

そう言って「自分はものの価値を見る目が
なかったのか」と考えます。

そこでいった一言。

IMG_8720

親ってのはただ、、、

子供を信じてやればいい

たったそれだけ、、、

そこに価値がある、、、

そこにもう全てが詰まっています。

何があるからとか
何ができるからとか

そんなんじゃない。

この「信じる」、言い換えたら
「愛する」だと思います。

ただ、ありのままの相手を愛する。
信じてあげる。

これは誰でも同じ。

相手がどんな人であれ、その人とそのまんまで見る。

最後に気付けて良かったですね。
我愛羅も初めて父親の愛を知ったようです。

愛溢れる人に。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です