毎日何か足りないと思っている人へ〜プロ大学生を目指しなさい!!〜

男の後ろすがた

新しい4月がスタートして、もう半月が経っています。

今年も面白そうな一回生がたくさん入ってきて、
もう楽しみですね^^

(この記事は2年前に書いた記事を再編集して書いています。)

てことで、僕はよくこんな人に出会います。

「なんか毎日なんとなく過ごしている気がします」
「大学生活であんまり熱いものがない」
「刺激がたりない」
「何をしたらいいかわからない」
「楽しいけれど、これでいいのかなって思う」
「遊んでばかりでいいのかな」
「もっと面白いことをしたい!」


本当に多いです。
なかには受験で大学に受かることがゴールになっちゃっている人がいて
それで大学に入った途端、プシューっとしぼんでいっちゃう人もいます。

でももったいないと思いませんか?
せっかく親が(あるいは自分でためて)お金を出して
成り立っているこの大学生活を、もっと楽しまないと。

さっき言ったような人たちにはある共通点があります。
なんだかわかりますか?

理由は幾つかあるのですが
今回はそのうちの一つをいうと

目の前のことに全力になれていない

ということです。

もっと言うと、
プロ意識が足りないのかもしれませんね。

大学生とは社会人になる前の最後の
ゴールデンタイムだ!!

な~んて言っている人がいますが
あんなの間違いです笑

あれは結局は”今”を楽しむことができていないから
そんなことを言うわけで、今を楽しめる人は
どこにいようが、何をしていようが楽しいですよ。


また、そう考えている人は社会人になる前にできるだけ真面目なことは
したくないと「仲間とつるむ」だけになってしまいます。

毎日暇だからカラオケにいこう

なんもやることないし友達とペチャクチャ

とりあえず飲むか、、、、

別にこれを悪いことだとは全く思っていませんし
実際ぼくもします。

ダラダラするときだってあるし
なんとなくやる気もでない

そんな時もあります。

ただ、それだけじゃない。
ぼくは目の前のことに必死です。

塾のバイト
少年野球のコーチ
大学の授業
サークル活動
ブログの執筆
サークルの新歓

もっと単純に、

目の前の人と全力で話す
(全力といっても、熱血とは話が違います。)
今自分が全力でできることはないかな
目の前の状況に自分ならどんなことができるかな

いろいろ目の前にやることはあるし
それをただひたすら全力でやるだけなんです。

また最近では
「大学生にやっておくべき~個のこと」

みたいな本が流行っていますよね。
あれも結局はただ目の前のことをやろう、ってことなんです。

そして、
大学生のうちに大学生にしかできないことをしよう!!

っていうだけなんです。

友人と夜まで騒いで飲めるのも大学生ならでは。
東京まで自転車でいこうとするのも体力があるいまだからできる。
就活について悩んだり、
バイトでの愚痴を言い合ったり
サークル活動で本気になってみたり
富士山を登ってみたり
留学してみたり
バックパックしてみたり
三日連続で飲み会+宅飲み、
みたいなことをできるのも
時間と体力があるいまだからこそできるんです。

その一つ一つに全力になれたとき
もっと輝いた大学生活になるし

社会人になったときに、後悔しなくなりますよ。
大学ではやりつくした、だから次は社会人という今に
全力になろう、って。

だから僕がいいたいのは
プロ大学生になろう

これなんです。

高級なレストランに行ってみたり
車を買おうとしてみたり
高級品をかってみたり
大人たちとゴルフをしてみたり、、、

そういったこともたまにはいいかもしれません。
けれどそんなことは社会人になってからでもできそうじゃないですか?

でも大学生にしかできないことはあるし
中学生にしかできないこと、高校生にしかできないこと
だってあります。

じゃあそれを全力でやろうよってことなんです。

プロ大学生になる

「大学生」も結局は職業です。

その職業を全うできるかどうか
そして”今”を大事にできる人は

これまでもこれからも大事にできる人です。

もしあなたが大学生なら僕と一緒に
もっともっとプロ大学生目指しましょうよ!

高校生なら、中学生なら、受験生なら
友人と共にその職業のプロを目指してみましょう。

僕はあと、一年です。

この一年間。

どれだけプロ大学生っぷりを発揮できるか、
どれだけ目の前のことを全力で取り組めるか。

楽しみです。
そして同志の皆さん、頑張りましょう!

 

後ろすがたの少年。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です