【童話】飛べないライオンと走れない小鳥

ライオン

あるところにライオンがいた。

そのライオン(ポンタ)は毎日毎日狩りをして生き延びていた。

シマウマを見つけては、ガブリ。
牛を見つけては、ガブリ。

同じ日々の繰り返しだった。

でも、なかなかうまく獲物を捕まえることができない。
多くは仲間のおこぼれだった。

ポンタの心の中で次第に劣等感が植えつけられていった、、、

そんなある日、ふと空を見上げると一羽の小鳥が空を飛んでいた。

ポンタ:「はあ、あんな風に早く空を飛べたら楽なのにな。」

ライオンA:「何を言ってんだよ、狩りもろくにできないくせに飛べるわけないだろ。」

ポンタはどうしても空を飛びたい。

それが自分の劣等感をなくせる唯一の手段だと信じていた。
みんなから認められたい、すごいって言われたい、ただその思いで。

次の日の朝。

ポンタは小鳥のさえずりで目が覚めた。
木の上で元気よく鳴いている鳥がいた。

ポンタは思い切って聞いてみることにした。

ポンタ:「ねえねえ、どうしたら君みたいに空を飛べるの?」

小鳥:「うーん、翼をビシッとしてバサバサって動かしたらいけるよ!」

ポンタ:「僕にもできるかな〜?」

小鳥:「小鳥の中で一番遅い僕でもできたんだよ、君にもできるよ。なんだって君は百獣の王さまなんだから。」

ポンタはその言葉に元気をもらった。

頑張ったら俺だってできるんだ!

それからというもの、毎日毎日ポンタは飛ぶ練習をした。

ちょっと高い岩からジャンプしてみたり
勢いをつけて飛んだり、、

でもなかなか飛べなかった。

しばらくしてまた二匹は出会った。

あの朝に出会った時と同じ木の下で。

ポンタ:「なあなあ、オレずっと練習してるのに全然上手くならない、、、」

小鳥:「心配しなくていいよ、僕だって初めは全く飛べなかったんだからさ。」

ポンタ:「んーそうか〜」

小鳥:「ねえねえ。」

ポンタ:「ん?どうしたの?」

小鳥:「僕さ、この前鳥の中で一番遅いって言ったでしょ?」

ポンタ:「うん、言ってたね。」

小鳥:「僕ね、君みたいに速く走れたらなーっていつも思ってたんだ。」

ポンタ:「え、僕みたいに?」

小鳥:「うん、そうだよ。だって君速いしさ、かっこいいしさ、、それに比べて僕は、、、」

ポンタ:「何言ってんだよ、君の方が速いじゃん!空も飛べるし!!」

小鳥:「でも、空を飛ぶくらいみんなできるよ。でも僕は君みたいに速く地べたを走れない、、、」

二匹はそれぞれ今までの過去を話した。

ポンタは走るのが遅くてみんなからいじめられていたこと。
小鳥は速く飛べなくてみんなから置いてけぼりにされたこと。

その他、これまでの苦労をとことん言い合った。
二匹とも自分の話のように聞き入った。

ポンタ:「そうか、そんな辛いことがあったんだね。」

小鳥:「君こそ、ライオンって何も悩みなんかないと思ってたよ。」

すっかり打ち解けた二匹はまた会う約束をした。

ポンタ:「次に会うときは、僕は飛べるように、小鳥君は走れるようになろうぜ!」

小鳥:「うん、僕めちゃくちゃ練習するからな!」

そうして二匹は別れた。

張り切っていたポンタは高い山へと登った。

ポンタ:「よーし、今日も練習するぞ!今度こそ飛んでやる!!」

そう言って高い岩陰からジャンプをした。

ポンタ:「よし、ここら辺からつばさを広げて、いまだ!!」

でも、つばさを持っていないポンタが飛ぶことはなかった。

そのままポンタは真っ逆さまに崖の下まで落ちていった。

一方、小鳥も走る練習をした。

小鳥:「よしゃ、走って足の筋肉をつけるぞーっ!」

しかし走る力のない小鳥は簡単にハイエナに追いつかれて、食べられてしまった。

二匹が会うことは二度となかった。

ライオン

■教育メルマガ
自身の経験を元にした教育メルマガを発行中。
 (10秒で登録できます)
教育、自己教育に関して、無料メルマガを発行しています!「マンガ ワンピース」「お笑い芸人 さんまさん」「日本の神話」「塾での経験」「少年野球での実例」「日本の偉人 吉田松陰」「人間関係の法則」「ラテン語」などいろんな題材から教育について切り込んでいます。どうぞ、立ち寄ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です