偉大な教育者とは、いつだって相手の武器を認める理解者である。

にだってその人の得意なことがあります。

気づいたらやっていたこと
いつの間にか考えていたこと
自然としてしまうこと


それは大人に限らず、子供だって同じ。

もちろん自分も含めてです。

僕は「教師」とか「先生」という言葉があまり好きではありません。

教えることだけが役目じゃないからです。

確かに教えることはあるでしょう。

しかしもっと大事なのは、その子の良さを引き出してあげること。その子の武器を認めてあげること。

全ての人にはその人独自の武器があります。それは最初に言ったような事です。

でも多くの先生はそれをないがしろにして、自分色に染めようとします。

まるでその子が全て悪いような言い方をして。

間違っているよ
正しくないよ
みんなに合わせようね

そうやってその子が本来持っていた武器が消されてしまう、そんな状況をこの目で何度も見てきました。

大学生ながら、子供と接する機会は他の人の10倍以上だと思います。だからこそ、いい部分も悪い部分もたくさん目にしてきました。

ある中学の先生がおっしゃっていました。

「多くの親や先生は、子供が真っ白で何色にも染められると思っている。

でも、本当はそうじゃない。子供にはすでにその子特有の色がある。

しかしその色を他の先生や親が塗りつぶしてしまうから、子供は

潰れてしまうんだ。」

全くその通りです。

子供だからといって、何でもかんでも染めたらいいもんじゃない。

その子にはその子のカラーがあるし、それをもっと輝かせる方法があるはずです。

それは、「教える」だけではできない。「教師」であってはダメなんです。

だからこそ、コーチング。

教育者のマインドとして、相手の武器を認めてあげる、その精神が必要なんです。

相手の素晴らしさを認めて、引き出し、武器に変える。それが教育者のすべきことなんじゃないかなと思います。

いつだって教育者は脇役。

学ぶ方が主役です。

今回は短いですがここまで
最後まで読んでいただいてありがとうございました。

人生 子供

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です