久次米智STORY ⑤教えるってなんなんだ??


〜目次〜

はじめに

幼少期〜親からの暴力〜

恐怖となった少年野球

中学の監督と高校の地獄

土下座しました〜屈辱の果てに〜

教えるってなんなんだ??⇦Now !!

指導者の大切さ〜人の芽を潰さないために〜



校野球がおわり、受験が訪れました。




正直言って、志望校はなんとなく決めていました。
狙っていたのは神戸大学国際文化学部。

英語がしたいなー、

そんな軽い感じで志望校を選びました。



そこにはあまり熱意はなかったのかもしれません。
神戸大学を目指している自分に酔っていたのかもしれません。



ぼくは見事に受験に失敗し、
私立も一つしか受けていなかったため浪人することになりました。

しかし、この浪人生活がぼくの道を切り開いてくれたんです。


なんとなくで選んだ志望校。




しかし浪人の時期は自分と対話する時間が多い多い多い。そして、気づいたんです。

『おれのやりたいことは英語じゃない、教育だ!』

そして、京都大学教育学部を目指すことを決めたのです。




ここは、教員養成のためではなく、『教育』そのものを扱い、
さらに心理学も学べるということで、僕にとってウキウキする目標でした。

しかし、ぼくはまたも大学に落ちることになります。

そしてたどりついたところは、






同志社大学グローバルコミュニケーション学部でした。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7597570888894549"
data-ad-slot="4902749310"
data-ad-format="auto">








なんども泣きました。
なんども壁を叩きました。


自分が不甲斐なく思って
いままの自分はなんだったんだろうって
ずっと自分を責めていました。









そんな中、新しい生活に徐々に慣れていき
僕はバイトを始めます。

塾講師のアルバイト。






京都大学を狙っていただけあり
すんなりと入れさせてもらうことができました





しかし、できるのと教えられるのとは違います。


また、相手は自分よりできないわけですから
噛み砕いて説明しないとわかってもらえません。



自分が話している言葉が相手に伝わっていない!

242a623f

生徒はまさにこの画像の様でした。



そう感じた僕はなんとかして
生徒にわかりやすいように伝えようと努力しました。




そして、気付いたんです。
ただ教えたり、伝えたりする力だけが
生徒を伸ばすのではないんだ
、と。




自分が知っているものを相手に伝えることだけが
相手を伸ばすことにつながらない。


じゃあ、本当に生徒や人の力を伸ばすには
どうしたらいいんだ??


この問いがぼくの体の中を永遠と駆け巡っていました。








そして日々工夫をしていくうちに
ある問題にぶちあたります。



それは、「指導者」でした。

続く⇨久次米智STORY ⑥指導者の大切さ

■教育メルマガ
自身の経験を元にした教育メルマガを発行中。
 (10秒で登録できます)
教育、自己教育に関して、無料メルマガを発行しています!「マンガ ワンピース」「お笑い芸人 さんまさん」「日本の神話」「塾での経験」「少年野球での実例」「日本の偉人 吉田松陰」「人間関係の法則」「ラテン語」などいろんな題材から教育について切り込んでいます。どうぞ、立ち寄ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です