小学校教諭はここまで大変!?休憩時間が一つもない驚きの実態!


小学校で勤務をして半年が経ちます。
(勤務と言っても教師じゃないんですが笑)


去年は中学校に行っていましたが、
小学校だと全然ちがうくて大変です。


もうね、大変とかいうレベルじゃないww




これは現場にいないとわからないことですが、
小学校の先生って休憩時間なんて存在しません。


「休憩?へっ、いつするの?」みたいな。




朝は8時すぎにやってきて、
朝のミーティングがあって、
教室で朝の会。



それからずっと授業です。


休み時間はどうするの?って思うかもしれませんが、
休み時間はずっと児童を見続けないといけません。

職員室に戻って「ふぅ〜」って休めないんです。




もう恐ろしいww


僕は先生とは違う枠として勤務していますが
それでも休む時間はありません。



ずっと見回りをしたり、
先生は丸付けをしたり、
コメントを書いたり
児童が暴れていたら注意をしたり、
喧嘩があったら仲介に入って話し合いをしたり、



お茶すらも飲む時間がない笑



給食が始まったら、児童と一緒に給食室に行って
食器と食べ物を運んで行かないといけないし


何よりも給食指導みたいなものがあるわけです。



児童が給食を配分したりするのも見ないといけないし、
運ぶのだってしっかりしたり


児童によってはアレルギーがあるから
それを全てチェックしてアレルギーの元となる
ものをよけとかないといけない。



多分僕だったら

うわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜


って叫びまくってますwww





それだけ大変なんですね。

学校が終わっても、やるべきことは山積み。


明日の授業の準備もあるし、
何かがあったら親の人と電話もしないといけないし、



本当に、見ててすごいなって思います。




でも、こんな先生方がいるから
僕たちが小学校で頑張ってこれたんですよね。



先生って楽やーん!


って思っていた自分が恥ずかしい、、、





モンスターペアレントなんていう人がいますが、
たまったもんじゃないですよ笑



でもだからと云って、僕が言いたいのは
「そんなのはやめましょう!」
ではなくて、



そんな先生とか、先生にこれからなる人たちが
いかに自分でエネルギーを高めて
いかに子供にエネルギーを注げれる状態にできるか、


って事だと思うんですね。



指導者に磨きをかける。



自分で自分の状態を把握し、
エネルギーを高める事ができ、


さらに心を勉強する事で子供の奥に潜む考えや、
行動の理由を理解して対処する、


そんな指導者を増やしていけたらなと思うわけです。





ほんと、学校の先生全員瞑想したらいいのに

なんて思ったりしてますけどね笑



僕は瞑想で体も心もクリアーにしているおかげで
かなり元気なまま児童と向き合えていると思っています。






ということで、小学校の本当の姿
一度でいいから皆さんに知っておいてほしいな
って思って記事を書きました。


参考になれば幸いです。





最近読者さんが増えてきています。
ここでは成長のヒントや人間関係、心などを扱って濃い内容をお届けしています。


もし興味があれば立ち寄ってみてください。

久次米智公式メルマガはこちら


comic-1296117__180

■教育メルマガ
自身の経験を元にした教育メルマガを発行中。
 (10秒で登録できます)
教育、自己教育に関して、無料メルマガを発行しています!「マンガ ワンピース」「お笑い芸人 さんまさん」「日本の神話」「塾での経験」「少年野球での実例」「日本の偉人 吉田松陰」「人間関係の法則」「ラテン語」などいろんな題材から教育について切り込んでいます。どうぞ、立ち寄ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です