気づいたら家から20キロ以上離れた僻地へといざなわれて死にかけた昨晩のお話。

犬

体がしんどい、、、

やばい、、、


どうも、こんにちは

昨日は死にかけました。
いや、本当に。


そう、それはちょっと寄ってみよう
という軽い気持ちから始まった、、、、




大学が終わり、珍しくバイトも
何もない日だったので、大将と仲良くさせて
もらっている居酒屋さんに行ったんですね。

久しぶりだったので、なぜかテンション
上がる大将、、、笑


6時開店なのに、7時半には閉店しちゃって、

「さあ、飲むぞ〜、店の中途半端に残っている
酒飲み尽くすで〜」

といきなり言いだし、結局580円しか
払ってないのに、酒飲み放題からの
食べ物がわんさか出てくる始末。


いや〜、ラッキーと思っていたら
次行くぞ、次!
とか言いだして、二軒目。

気がついたら三軒目、、、、、



え、、、
俺いつ帰れるのかな、、、


と思いつつ、おごっていただいているし
ここで帰るのは変かなと思って
一緒に飲んでたんですね。



日本酒は山のように出てくるし、
焼酎もバンバン出てくるし、

もう怖い怖い笑



さてさて、時間もそろそろだなってなったので
帰らせてもらったんですね。



、、、、、、、、




が、

ふと気がつくと、見慣れない風景。

あれ、近鉄奈良駅ってこんなとこだっけ?

って思っていると、、、、、




そこは、近鉄奈良駅から20キロ以上も
離れた橿原神宮前でしたww




終電もなくなり、携帯の充電もほぼゼロ。
お金もそんなに持ち合わせていない。


完全に詰みましたww



タクシーで帰ろうかなと思ったら、
「ここからだったら、1万はかかるね〜」
と言われて大打撃。


もうどうしようもできないから、
歩きましたw



歩いたら、ふと横に見えたラブホ。


ラブホ、ラブホ、ラブホ、、、、

ラブホで泊まるのありちゃう?



とか、訳のわからんこと考えて
結局ひたすら歩くことに。


時刻は12時半。


いや、携帯の充電が切れたから
もはや何時かもわからん。


ここで悪魔が降臨します。



「おいおい、そこらへんのチャリ盗めよ」

ってささやく。



もうクタクタな僕はその誘惑に
何の抵抗もなく流されます。


が、

探せど探せど自転車は見事に全て
鍵がかかっている。


そこで知った。


日本人のセキュリティーはすごかった、と。



こんな悪魔に誘惑されたやつなんか
相手にしない、自転車のセキュリティ加減。


参りました。




気がつけば、周りに何もない暗闇。

足がクタクタで今にも倒れそう。


ここで決心したんです。



ヒッチハイクしよう!!

って。



でも、怖かったんですよ。
なんせ初めてだったから。


恐る恐る手を挙げてみる。

でも、誰もとまってくれない。




もう諦めましたww


いや、でもここで諦めるのは、
とも思い信号で待ち伏せして
信号待ちの車を狙うことに。


「あの、もしよろしければ途中まで乗っけていただけませんか??」


「ああ、全然いいですよ、何なら家まで送ってあげます。」


神すぎる!!!!


あなたは天使ですか??
さっきまでの僕は悪魔にそそのかされて悪いことを考えていました。
ごめんなさい。



こうして、運転手さんと話すと、
もう相手は大爆笑。


気がついたら僕は3時間近く歩いて
15キロ進んでいたそうです。



その人はとってもいい人で、
フランクに話してくれるし、
優しいし、大爆笑するし、

そして聞いてみると、新ノ口の
ハンバーガー屋さんをして店長らしくて。



次絶対食べに行きます!
と約束して家まで送っていただきました。


いや〜、本当に死ぬかと思った。



路上で倒れてもおかしくない笑


てな感じで、

悪魔と対話し、
自分の闇を見て、
日本人のセキュリティーの良さと
優しさを肌で感じましたとさ。



意外にヒッチハイクできるんだな〜
やってみるもんだな〜





めでたしめでたし。

犬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です