「今の自分」は「昔の自分」に”絶対値”をつけた存在だった。

こんにちは

朝寝ぼけてベッドから出たら、片足をゴミ箱に突っ込んで
転んでしまった久次米智です。


てな話はいいとして、
僕がこのブログを立ち上げて一年以上が経ちます。


ただ適当にずっとブログを書き続けていったわけではありませんよ笑

何度か紹介していますが、僕は過去に結構干された経験をしてきました。


始まりは4歳の頃から高校、大学まで。

幼稚園にも行ってないくらいに親が離婚し、
厳しい家庭で育った僕は殴られ蹴られることが当たり前。


階段から蹴飛ばされたことも、頭を親に踏んづけられたこともあります。
怖かったな〜笑



別にもう恨みとか憎しみはありません。


小学生の時は、少年野球のコーチに見放されて
失敗をしたら罵声を浴びせられ、中には蹴られる選手もいて
恐怖で野球をしていました。


高校の時には監督に土下座をさせられたり笑

見返したら俺の人生おもしれーなーと
なんかマンガみたいだって思います。


そんな過去を昔は責めていました。
どうせ僕は何をしてもダメなんだと思っていました。


でもどこかで変わりたいと思っていたし、

そんな過去があったから「教育」に関して興味を持ち、
中学の時から「より良い教育って何なの?」って探求が始まったんです。



たくさん本も読んだり、心についての勉強をしたり
まあ、そんな中学生はなかなかいなかったと思います。


でも、そんな僕がいたから今の僕がいるし、
「教育」「心」に興味を持って勉強しているわけです。


それをちょっとでもブログで伝えたいな、と思って
このブログを始めました。



ブログの原点。



教育 心

これらは僕の人生に切っても切り離せないもの。



僕の人生は辛いものだと思っていたものが
そうではないと気づいた。

しんどいことばっかりではないんだと分かった。



それは自分の過去に”絶対値記号”をつけたから。

|−2| =2  です。
|−25|=25 です。



同じように、

過去の辛い経験は今の光となるし、
しんどかった経験は自分の糧に、そして武器になります。



|過去の辛い経験|=今の光
|しんどい経験| =自分の糧



だから今のぼくがいる。



ぼくの軸は、

教育 心


そしてそれに関わるものなら全てです。

そして人を教育するのなら、自分を教育できないといけない。



つまり自分を磨かないといけない。

なら、「教育」ではなくて、「共育」の方が
いいんじゃないか、ってのがぼくの考えです。



教え教えられ、そして共に進化する。

それがぼくの目指す世界感ですかね。



ではこの辺で。

farmer-540658__180

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です