ああ、やることねーって思ってAEON MALLに行ったら、、、

コーヒー

こんにちは

久次米智です。

今日は朝からゴロゴロしてて、
というかなんかダルい感じで
家にこもっていました。

昨日Netflixでナルトをずっと
夜更かししてみてたのでただの
僕のせいです笑

で、このままではいけないな、と思ったので
AEON MALLにでも行くか、と思い立ち、行きました。

その中である店があるのですが、そこは入店するときに
コーヒーをもらえます。

それを目当てに来るお客さんもいて、
(まあ、僕もその一人なんですが、、)
ずっと人が並んでいるんですね。

コーヒーを入れる人からしたらずっと
立ったままだし、コーヒー目当てにやってくる
客がたくさんいるし、大変だと思います。

でも、その中で一人、素敵な店員さんがいます。

その方はとても楽しそうにコーヒーを入れて
くれるんですね。

他の店員さんなら、

「いらっしゃいませー」

ですが、

その人は

「いらっしゃいませ〜〜〜!!!!
コーヒーはいかがですかーーーーーーー」


って元気良くお客さんを呼んでさらに
「ごゆっくりしていってくださーーーーーい!!!」

と言ってくれる。

普通なら、そんなにずっと
元気でいられないと思います。

というか、

「また、ただのコーヒーをもらいに来やがって
どうせ何も買わないんだろ!」

って思っている店員だっているはずです。

でも、その店員さんはそんな考えが一切
感じ取れず、むしろどんどん来てください!
みたいなオーラを放っていましたs。

僕もその店に入りましたが、
コーヒーをもらって思わず

「ありがとうございましたぁぁ〜〜!!!!」

って馬鹿でかい声で言ってしまいましたww

逆に店員さんが驚いていましたが笑

でも、その店員さんが一人いるだけで
店全体が明るくなって、とても心地いい
気持ちになります。

これを考えて、有馬温泉に行った時を
思い出しました。

有馬温泉で、昼飯を食べようと
店に入ったのですが、他の店に
行きたいなと友達と話してて

「すみません、店に入ったんですけど
〇〇の店に行きたいので、出させてもらってもいいですか?」

って言った時に

「そんなのかまへんよ、どこや、
あーそこか、それならこの道をまっすぐ行って
あっこを左に曲がったらいけるわ!」

と迷惑な顔をするどころか親切に行き方まで
教えてくれてました。

これって非常に大事なマインドだと思うのです。

というのは、一時の利益を求めず、
お客さんのことを考えて接する。

さっきの店のおばさんは客がいなくなるから
一時的に見れば損をするわけです。

でも、それを快くおーけーをして、
道案内を教えてあげることで、
お客さんを気持ち良く帰らせてあげる
ことができます。

こうすれば、例えばそれが

こんな親切なおばさんがいたよ
と言って口コミになるかもしれないし、

有馬温泉っていいところだ、
と言って紹介すれば、有馬への旅行客が増えて
おばさんの経営している店に客がたくさん来る
かもしれません。

逆に、あの時に
「何言ってんだい、一回店に入ったんだから
ちゃんと食べて行きなさいよ!」

ってなっていたら、おそらく僕は
二度とあの場へ行かないでしょう。

僕が今日イオンであったお姉さんも同じ。

一見、メリットがないように思えても
それをきっちりすることでそれが
「何らかの形で」返って来るのです。

それは先程言ったように、どうなるかは
わかりません。

店の評判につながるかもしれないし、
店を明るくすれば、他の人を啓発することもあるし
元気がいい!といって誰かが目をつけてくれるかもしれません。
元気でいられる姿勢がたとえ場所を変えても認められて
突然出世するかもしれません。

どうなるかはわかりませんが、
それは必ず何らかの形で返って来る。

今日イオンに言って良かったな、
定員さんに学ばせてもらったな、と感謝しています。

またあの店員さんなら店に寄りたいな
そう思わせてくれる人でした。

面白いですね。

ブログに書くことねーって悩んでたら
ヒョンと出てきてくれました笑

さーて、今から塾だ、がんばろっと。

 

コーヒー

■教育メルマガ
自身の経験を元にした教育メルマガを発行中。
 (10秒で登録できます)
教育、自己教育に関して、無料メルマガを発行しています!「マンガ ワンピース」「お笑い芸人 さんまさん」「日本の神話」「塾での経験」「少年野球での実例」「日本の偉人 吉田松陰」「人間関係の法則」「ラテン語」などいろんな題材から教育について切り込んでいます。どうぞ、立ち寄ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です