【メルマガ転載】自分は吸引力のある掃除機です。

催眠

今回はメルマガで紹介した話を
こちらでも紹介しようと思います。

メルマガ転載
ーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは!

それでは今日もメルマガをお届けします。

僕は塾講師、家庭教師、中学校の
特別支援員、少年野球のコーチ、、、

など様々な「教育」に関することを
していて、最近は小学~高校生にしか
あっていませんww

友達いない人みたいになってます笑

ただその中でもいろんな気づきとか
もあって、生徒から相談を受けたりしています。

先日、ある中学生が相談に来たんですね。

「俺、もう明日から学校に行かん、
てかもう自殺するし、、、」

とか急に言われてやけに落ち込んでいる。

理由は、ハゲハゲ!と言われ続けて
困っている、ってことでした。

その子は中学生で野球をしている
のですが、坊主にしていることを
友人がからかってくるらしいです。

それがなんと一年間も!

それを聞いて、
その友達もなかなかすごいな
とか思ってしまったんですが、

どうでしょうか?
なんでこんなことが起こるのか。

====================
目の前の現実はすべて自分が誘い込んだもの
====================

目の前の現実はすべて自分が招いたものです。

たとえ、嫌なことであっても
それは自分が「吸引」してきたんです。

そう、まるで掃除機のように。

この少年もそうです。

詳しく聞いてみると、
ハゲ!と言われるたびに
その子を追いかけまわしていたそうです。

そして相手を捕まえて攻撃をすると
この前は怒って先に帰ってしまったらしく
仲が悪くなってしまったらしい。

そこで少年は言います。

「俺は悪くないし、あいつがいつも
いじってくるから悪いねんっ!」

しかし、
それは半分正解で半分間違いです。

わかりやすいように
例をあげましょう。

あなたはとても話が好き。
人に話すのが好きで他人に話を
聞いて欲しいと思っています。

しかし、バイト先で自分と同じように
話すのが好きな人(A君)がいたとします。

そこで、あなたは空気を読んで
その「話したい自分」を押さえ
込みます。

本当は喋りたいのに。

そうすると、何が起こるか。

あなたの周りにだんだんと
「話したい人」が集まってきます。

そして、Aくんもあなたに
話しかけてきます。

それも相手は言いたい放題。

本当は自分が話したくて
話を聞いてくれる人が欲しいのに、
どんどんと逆の人が集まる。

そうすると、自分の欲求を抑えて
しかも相手の話を聞き続けるわけ
ですから、ストレスも溜まります。

そこであなたは言います。

「自分は悪くない、みんなが悪いんだ。」
と。

「みんなが話を聞いてくれなくて
自分はストレスがたまっていくんだ。」
と。

でも、違います。

それは自分が誘い込んだ現実です。

じゃあどうしたらいいのか。

それは

「ありのままの自分を出す」

ってことです。

自分がどんどん話したいことを
話していくと、自然と周りには
「聞きたい人」がやってきます。

そしてそれは自分が招いた結果なんです。

話を戻して、
中学生の男の子は嫌とは言いながらも
いじられて相手を追いかけていたわけです。

そして、それは嫌なことを嫌と言わないで
追いかけまわして遊び感覚になってしまって
いる現実を招いた、その子が原因なんです。

そこで、僕はその子に言いました。

「本当は相手を追いかけまわして
楽しんでる自分がいるんじゃないの?」

そうしたら、しばらく考えたのち、
「あ~、そうかもしれない、、、」

って自分と向き合って答えてくれました。

ほらね、それって自分が
引き寄せているんだよ。

自分が原因なんだよ。

ってなります。

ーーーーーーーーーーーーーーー

じゃあ、自分はどうなんだろうか。

そこを考えてみてください。

自分が今、嫌な現実が降りかかっている。
それはどんな自分の「在り方」が原因なのか。

この、「在り方」を磨くことは
本当に大事です。

自分が変われば、周りも変わる。




てことで、今日も
エネルギーの高い日でありますように!

 

催眠

■教育メルマガ
自身の経験を元にした教育メルマガを発行中。
 (10秒で登録できます)
教育、自己教育に関して、無料メルマガを発行しています!「マンガ ワンピース」「お笑い芸人 さんまさん」「日本の神話」「塾での経験」「少年野球での実例」「日本の偉人 吉田松陰」「人間関係の法則」「ラテン語」などいろんな題材から教育について切り込んでいます。どうぞ、立ち寄ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です