昔は自分の顔が嫌いで嫌いで仕方がありませんでした笑

仮面の男

日は雨降ってますね〜
久次米です。

てことで、人ってそれぞれいろんな顔を持っていて
同じ人っていないですよね。

なのに、自分の顔が嫌だっていう人もいるし
大好きだっていう人がいます。

僕は嫌いでした。

いや、本当は嫌いではなかったのかもしれないけれど、
嫌だ、と思っていた時がありました。

僕って昔から顔が変わらないんですよね。

それはいいんですけど、
結構老け顔です笑

昔(中学とか高校とか)はそんな老け顔が嫌で、
友達の言われるたびに悲しくなっていました。

俺ってなんで老けた顔をしているんだろう?

そんなことを思って、
アンチエイジングのサイトを調べたり、

ちょっとでも若く見える方法ってないのかな、って
いろいろ模索していたんですよね。

その時は自分の顔を変えたい一心で、
ただただひたすらに変えたい、と思っていました。

だから、いわゆる「ベビーフェイス」ってやつが
羨ましかったんです。

あ〜あんな顔だったら俺の人生って変わってたかもな、って。

友人や新しい人に会うたびに言われる。

「最近また老けたよね」
「え、まだ19歳なの?」
(当時の年齢です。)
「なんか、学生には見えないよね〜」

そんな言葉を聞くたびに、
僕の心はえぐられて、死にそうになりました。

辛かったです笑

いや、当時は深刻でしたよ。

じゃあ、今はどう思っているのか?

大好きです、自分の顔。

この顔でよかったなって思います。

別にジャニーズを見ても、嫉妬心は抱きません笑
僕は僕の顔でいいと思っています。

今まで、「老けている」としか認識していなかったんですよね。
だからマイナスな部分しか見ていなかった。

でも、「大人な顔」って言ったら
すごいいいじゃないですか。

で、この老け顔のおかげで得することもたくさんあったんです。

昔の僕はそのことに気づかなかったし、
気付こうともしなかった。

でも、
初対面で、まずなめられることはない
一目置かれる
発言力が増すw
そして何よりも年齢確認されない!!!!!
(数えるくらいしかされたことないですw)

いや、ほんといいこと尽くしですよ。

相手が何かしらの重さを感じ取ってくれるから
軽い人間に思われないんですよね。

これって僕の武器なんです。

それに気づいた時に、僕のリアルは180度変わりました。

悪いことしかなかった僕の顔が
実は僕の武器だった。

それから、ベビーフェイスに憧れることもないし
逆に、ベビーフェイスを馬鹿にすることもありません。

それは老け顔には老け顔の良さがあることをしているから、
ベビーフェイスにはその良さがあるんだ
、って思えます。

どちらがいいとかじゃなくて、どっちでいい。

僕の友人でベビーフェイスの人がいます。
彼は言ってました。

どこに行っても、年齢確認されんだよね、嫌やわ〜
なんか、相手に軽いやつだと思われるんだよ、

昔の僕にとっては羨ましかった顔でも
まあ、悩みってあるもんです。

人生そんなもんですね。
目の前の事実は変えられないけれど、
見方は変えられる。

ある意味、「自分の現実」は作り出せる。

僕がこのブログで言いたいことは
自分を愛してあげてください、ってことです。

そして自分の顔を愛してください。

マイナスしかない顔なんて存在しません。
それは自分が定義しているだけ。

プラスに再定義したらいいんです。

ずっと嫌なままの顔で死ぬまで生きるなんて
辛くないですか?笑

じゃあ、とっとと自分に都合のいいものに見方を変えましょう。

はい、てことで、今日はこの辺で。

仮面の男

■教育メルマガ
自身の経験を元にした教育メルマガを発行中。
 (10秒で登録できます)
教育、自己教育に関して、無料メルマガを発行しています!「マンガ ワンピース」「お笑い芸人 さんまさん」「日本の神話」「塾での経験」「少年野球での実例」「日本の偉人 吉田松陰」「人間関係の法則」「ラテン語」などいろんな題材から教育について切り込んでいます。どうぞ、立ち寄ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です