【高校生必見】野球の守備力を劇的に向上させるYouTube動画7選!

点を取られないために欠かせないのが「守備力」

特に今回は守備の中でも「捕球力」をあげるために必要な動画を7つ厳選しました。

元プロ野球選手の方や、社会人野球で活躍されている方など幅広くピックアップしたので、一個ずつ観てもらえたらなと思います。

 

捕球力を上げるYouTube動画7選!

野球の守備で欠かせないのはたくさんありますが、その中で特に大事だなと思うのが「間」の取り方です。

この「間」があるかないかでボールを観る時間が変わります。イレギュラーするボールに対応できるのかどうかも、この「間」が関わってきます。

まずはその「間」をわかりやすく解説してくれている動画を3つ紹介しますね。

 

1 NPBを守備で生きた男のノック…うますぎて泣けた

 

 

2 左足をつけないで捕球?!片足キャッチで守備力を上げエラーが減る3つの練習!

 

3 元大阪桐蔭主将が語る、ゴロ捕球のコツ!?!?〜守備編〜練習法〜捕球練習〜ミノルマン流捕球術〜

 

まずはこの3つです。3人とも共通して伝えてくれているのが、右足のタメです。右足を軸として、左足を地面につけないでタメを作ることで「守備の間」を作っています。

この「間」はまずは意識的に練習していく必要があります。簡単な手投げのゴロ捕球からはじめて、何度も何度も繰り返して身につけていく。

単純でつまらないと思う人もいるかもしれませんが、無意識に体を動かすには反復が欠かせません。「飽きてから」が本番スタート。そこから継続してやれるかどうかで上達のスピードが変わりますよ。

4 坂本選手をお手本に!守備の「間」⚾

次に紹介するのが、巨人の坂本選手の動画です。これも結局は「間」の話をされていますが、本当に自然体で捕球されています。

ボールをクッと観る一瞬の間…きれいですね。


5 【ノック解禁!】アライバ復活第4弾は「守備実践編!」~守備が上手くなりたい人はコレを見て!!~

こちらは元プロ野球選手の荒木選手、井端選手の動画です。それぞれ守備捕球での話をされて、実演をしながら意識していることを話してくれています。

動画内では「間」の話以外にも、「捕球するまでの手の動き」についても解説しています。上手い選手ほど捕球までに腕が動かない。(パンパン叩いたり、上下させない。)

ついついやってしまいそうなことですが、他の守備の上手な選手を観てみると、なるほど〜、と思いました。動画ではもう少し詳しく理由とともに説明してくれていますよ。

 

6 源田壮亮選手の守備に密着!スローで見たら技術がつまっていた。

NPB(Nippon Professional Baseball Organization)歴代最高ショートと言われるほどの守備力をもつ、源田壮亮選手の守備スロー動画です。

これまでの動画内容を完璧に体現されてる+ありえないほど柔らかい守備で、美しすぎて見ていて全く飽きません笑

手も全くブレてない。守備の間も取れて、柔らかく捕球されていて、まるで芸術作品のよう。

この動画を観てイメトレしたあとならノック受けてもエラー1つもしないんじゃないかと思うくらいに印象深かったです。すごい…

 

7 内野ゴロ捕球講座。正面の打球にはこう動けばいいだけ

最後にダメ押しで紹介しておきますね。元プロ野球選手の宮本慎也選手が巨人の坂本選手にレクチャーした内容をまとめてくれています。

ここでも変わらず「守備の間」を説いてくれています。坂本選手が練習に取り組んだことで、ビフォーアフターの変化がわかりやすくなっていますね。

また後半には鳥谷選手北條選手の守備スローモーション動画があります。これもわかりやすい動画やなと思ったので、とても価値のあるものですよ。

 


ということで、いかがだったでしょうか?

こうやって複数の動画を横断していくことで、自分の中で腑に落ちやすくなったり、イメージしやすくなります。

大事なのはここから!

ここから愚直に、淡々と、練習し続けられるかどうかは自分次第です。一緒に頑張っていきましょう!

ではこれで。

■教育メルマガ
自身の経験を元にした教育メルマガを発行中。
 (10秒で登録できます)
教育、自己教育に関して、無料メルマガを発行しています!「マンガ ワンピース」「お笑い芸人 さんまさん」「日本の神話」「塾での経験」「少年野球での実例」「日本の偉人 吉田松陰」「人間関係の法則」「ラテン語」などいろんな題材から教育について切り込んでいます。どうぞ、立ち寄ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です