なぜ人は「100m走」より「ソーラン節」の方が感動するのか?

今日は僕の生徒たちの中学校の
体育大会でした。


僕はここ数年間ずっと体育大会に行って応援していて、
塾とはまた違った生徒の姿をみて楽しませてもらっています。


普段と違う姿を見ると、
やっぱりいいですね。


見えなかったものが見えるからです。




とまあ、そのことはいいとして
ソーラン節をみてふと思ったので
書いてみることにします。


これは勉強にも関わってくる
ことなのですが、


なぜ、ソーラン節をみて
人は感動したり、
盛り上がったりするんでしょうか?






あるいは自分がする側だとしたら、
なんでソーラン節はかっこいいのか、
楽しいのか、盛り上がるのか。





なぜかというと
ソーラン節のような団体競技は、


「一体感」


を感じることができるから。





みんなと一つになって、一体となって
ソーラン節を踊るからこそ
盛り上がり、感動も生まれます。




これは実は勉強でも同じなんですね。



学校や受験勉強で、

「あいつを見下したい。」
「あいつは受験の敵や!」
「あんなやつとなんで一緒の志望校なん」
「うわ〜、あの子と一緒のクラスや〜嫌やな。」



と思っているうちは、
「分離」が起こっているから
いや〜な感情が自分の中に残ります。




そして結局自分のエネルギーが
低くなっちゃうんですね。


そうなんです。


人は分離しているものは
いやと感じて、エネルギーが低くなるんです。



だから、もしいい結果を残したい、
いい人生を歩みたい、と思うのなら


ちょっとずつ自分の中で
「一体感」を持てるような
そんな暮らしをしてみてください。



周りの人を敵対せずに、仲間だと感じ

自分の中で2つの感情がぶつかりあってたら
自分と向き合って1つの感情に融合していって

悩み事があったら、心の中で分離が起こっているから
道筋をスパッと立てて心の迷いを無くしていく。





そうやってちょっとずつ「分離」を
無くしていって、一体感のある状態を
作ってみてください。




クラスの友達と
学校の先生たちと
自分の心と


ソーラン節のように
一体感のあるものに。



久次米智


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です