感じて感じて感じまくれ。

日12月20日に誕生日を迎えました。

わーい笑

てことで、皆さんありがとうございました。

という報告はいいとして、この誕生日でまた感じたことがあったので、それについて。

ーーーーーーーーーーーーーーー

誕生日の日のこと、、、

僕、自分で言うのもなんですが、お酒に相当強いんですよね笑

で、普段はお酒を飲んでも全く酔わなくて死んでいく人たちを見ていくのがお決まりなんですが、

今回は、はい、死にました、、、

普段なかなか酔わないので、ピッチを上げてやたらとウイスキーを飲んでしました。

ところが途中から記憶がなくて、気付いたら友人の家にいてました。

それからというもの、まさに地獄の1日。

永遠に吐き続けて、なんだか不思議な味のするものが口から出てくるな、と思ったら

茶色いものと同時に赤いものが、、、

えっっッッッッ!!

そうです。血です笑

僕は吐血してそのまま寝てしまいました。

ーーーーーーーーーーーーーーー

という経験をしたんですが、ここで久しぶりにお酒の怖さを感じました。

それも身を持って経験したので、相当ダメージがあり、死にかけていました。

で、ここからなのですが、この経験を通して感じたのが、



実際に経験しないとわからない。



当たり前といったら、当たり前でしょう。

これは教育を考える時によく出てくる話なのですが、親にしても先生にしても、監督にしても、

子供に無理をさせていることがたくさんあります。

僕の場合、高校の監督がまさにそんな人で、選手にやたらと厳しい練習を強いて、できなかったら根性の一言。

特に冬は地獄の嵐。

別にきついだけならいいんですが、選手の状態を考えずに、メニューを組んで、

さらに丸太を持って走らせたりして、腰のけが人が続出したりしていました。

コーチであったり、親や先生は相手に対して無茶な行動を強いている時があります。

それは実際に感じていないから

選手の感じていることを実感していないからギャップが起きます。




さて、いまはネットの時代。

ネットによって様々な情報が手に入るし、いろんな知識が入ってきます。

で、それは基本的にはいいことなんですが、それで満足していてはいけない。

確かに知識としては頭に入っているのかもしれないけれども、体感できていない。

体感できていなかったら、どれだけ知識があっても劣ってしまう。

このインターネットの発達によって情報は回りやすくなったけれど、その分それで満足してしまう人が増えてきたんじゃないかと思います。

ここで差がつくのは、経験しているかしていないか。

体感しているかしていないか。

お酒の辛さを言葉ではわかっていても、体感しないとわからない。

魚釣りは楽しい、って言っても本当に体験してみないとわからない。

「あの人って、意地悪らしいよ」って言われても実際に会ってみないとわからない。

今の時代こそ、リアルを感じる。

リアルを生きる。

今目の前のことを真剣に感じる。

それってめちゃくちゃ大事だよなって、誕生日に感じましたとさ。

てことで、この辺で。

young-cat-995958__180

■教育メルマガ
自身の経験を元にした教育メルマガを発行中。
 (10秒で登録できます)
教育、自己教育に関して、無料メルマガを発行しています!「マンガ ワンピース」「お笑い芸人 さんまさん」「日本の神話」「塾での経験」「少年野球での実例」「日本の偉人 吉田松陰」「人間関係の法則」「ラテン語」などいろんな題材から教育について切り込んでいます。どうぞ、立ち寄ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です