「夢」の抽象度を上げれば今この瞬間でも夢にコミットできる!

こんばんは、久次米です。


最近はそうですね、
色々ありましたね。



卒業旅行でたくさんいろんなところを
いきましたし、新しい方、付き合いの長い方
などの人とお話をする機会もありました。



中でも大きいのは、
大学を卒業したことと
電子書籍を出版したこと。

(書籍はこちら。
大学生活をパーにする人 バネにする人 〜あなたの見る世界を変える19の視点〜


そして、仲間はほとんど
社会人になって会社で働こうとしています。




みんな新しい一歩を
踏み出しているんですね。





、、、とまあ軽い近況はさておいて
今回の内容は「夢」についてです。




みんな大小関わらず夢を
持っていると思うんですね。



僕ももちろん夢、というか
やりたいこと、というのがあります。




まあ、どちらかというと
使命感に近い感じですけど笑



僕の場合は

「指導者の指導者」

です。





これは中学生の時から変わりません。

変わらず持ち続けている1つの目標です。





でも、この目標を口にすると

「そんなの先生にならないとできないよ。」
「なんの経験もしていないのにできないって。」
「そもそもそんな職業ってある?」
「今のお前に何ができるんよ。」


とこれまでいろんな言葉を投げかけられました。






確かにその言葉は正しいのかもしれないし
実際そうなのでしょう。




僕は最初は「先生になりたい。」
が夢でした。


そこから少しして、
「有名な塾講師になりたい!」
という夢も持っていました。




まあ、今でもなりたいな、って
思ったりしているんですけどね笑





ただ、そういう具体的なものでもいいですが、
夢を抽象的にするのもありだと思うんです。





例えば、僕は教育に興味があります。




そして、「先生の先生」というのにも
なりたいと思ってはいます。




が、それを抽象度を上げると
「指導者の指導者」になります。




これって、別に先生にならないと
できないわけじゃないんですよね。



僕は今、個別塾で塾講師をしていますが、
今年から主任講師を任されました。




で、その主任講師っていうのは
後輩の育成も仕事に入ります。



新しい先生に授業の仕方を教えたり、
先生をどうやってよくしていくか
そういったこともします。




これ、僕の夢叶ってますよね?




指導者の指導者




叶ってます笑





もちろん、そこには大きい、小さいの問題はあるし
影響力の違いもあるでしょう。




もっと実績を作っていくことも必要です。






でも、今でも夢にコミットできます。





抽象度を上げることで
今からでも夢を実現することも
できたりします。





今、僕の仲間は社会人だったり
院に行って頑張っています。



その彼、彼女たちと同じように
僕も小さいながらも夢にコミットできるように
頑張りたいと思います。





小さい一歩を大事に。








今日は短い記事でしたが
読んでいただいてありがとうございました。








久次米智の処女作はこちら
大学生活をパーにする人 バネにする人 〜あなたの見る世界を変える19の視点〜



下克上英語メルマガスタートしました!

【☆重要】

下克上英語メルマガやってます!

英語力を伸ばしたい
TOEFL、TOEICの点数を上げたい
英語をもっと奥深く知りたい
習慣的に英語を学びたい
旅行先で英語を使えるようになりたい

そんな方は無料登録するチャンスですよ!
https://maroon-ex.jp/fx45112/H38bXy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です