実力のある塾講師ほど陥りやすい「定期テストの落とし穴」

塾講師を何年もしていれば
実力というのはついてくる。


でも、だからこそ陥る「落とし穴」があるんですね。



これ僕もひっかかります笑

意識していかないとやれないんですよね。








実力があればあるほど、何が大事で
何がよく入試に出てくるのか、が見えてきます。


英語だったら、どんなイディオムが出やすくて
生徒が間違えやすい問題はどんなものなのか、

そんなことを分かるんですね。




で、もちろんそれを授業内では教えるし
それを中心に話していくんですが、




が、




それだけでは生徒は点を取れない。





なぜなら定期テストならではの落とし穴があるから。



それは、

入試に出る問題  定期テストに出る問題


だからです。



入試に出るものはわかっている。


でも定期テスト(中間テスト、期末テスト)
でしか出ない問題があるんですね。



それは学校によって変わるし
問題を作る先生によっても変わります。




例えば、僕が携わっている中学校では

1、2年生の英語のテストでは
教科書の本文がそのまま出やすいけど
3年生は本文は出ず、初見の文章が出てきます。


また、英語長文でも、教科書の内容に近い文章と
全く関係のない文章が出て
きます。



数学では、普通の計算問題の他に

”語句の問題”

が出ます。

比例する、関数、増加、減少、座標軸、
反比例、y軸、x軸
、などなど)


入試では絶対にそんなものでないけど、
定期テストだからこそ出る問題なんですね。



入試のテストと定期テストの”ズレ”を見抜く!!




ここまで徹底的にやる。

その徹底さはきっとどこか他のものにも
必ず使えるスキルとなりますから。




ではでは。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です